MP4/7

エッチングパーツの切り出しです。フロントウィングに着手です。

R0014283.JPG

折り曲げまで終えたので、サフェ吹いて様子を見たいと思います。

R0014284.JPG

ホイールの作業に入ります。先ずはエポキシ接着剤を使用して接着です。この後塗装までして組み込みたいと思います。

R0014125.JPG

翼端板サフェ吹いてみました。まだ加工の必要がありそうです。

R0014171.JPG

サスアームの作業です。先ずはカットしてボディへ合わせます。

R0014174.JPG

R0014177.JPG

エアインテーク箇所、穴を開けました。最近のマシンに比べこの当時は結構大きいですね。

R0014178.JPG

シャーシ側のリアの加工に入ります。フロアのディフューザー、真鍮板に置き換えることも考慮しましたが、工数考え薄く削りました。

R0014179.JPG

ボディ側と合わせを見ながら調整していきました。

R0014182.JPG

R0014181.JPG

ボディの処理に。リア後方のカウルを薄く削りました。

R0014180.JPG

サフェ吹いてみましたが、Tスクエアはもっとシャープなので、かなり鋭角に削りました。

R0014172.JPG

隙間をパテ埋めし削って様子見ます。

R0014173.JPG

Tトレーの加工です。MP4/7はかなり鋭いですね。B192と比べると全く違います。サフェ吹いて様子見ます。

R0014163.JPG

ラジエターアウトレットはモナコGPでは、右のみ上下逆ですが、通年仕様ですので、左右対称にします。

R0014170.JPG

アンダートレーの作業です。Tトレーの長さが足りないので1mmの洋白板を追加しました。

R0014164.JPG

ハンダでTトレーをアンダートレーに接着です。サフェ吹いて様子見にしたいと思います。

R0014165.JPG

全く作業できず、ダラダラ製作ですね。
フロントウィングとリアウィングの翼端板のハンダ付け作業です。

R0014161.JPG

ハンダ付け後、ヤスリで整形。サフェ吹いて様子見たいと思います。

R0014162.JPG

フロントウィングの整形に入ります。
キットはイギリスGP仕様のため、ノーズ先端までウィングが伸びています。

R0014123.JPG

通年仕様にするため2mmほど後方へずらします。

R0014124.JPG

フロントウィングのパーツ整形に入ります。
エンドプレートです。強度を保つためにハンダ付けにします。先ずはカット。

R0014121.JPG

折り曲げ、この時点でハンダ作業に入ります。

R0014122.JPG

順調に進んでいるのかMP4/7?

R0014119.JPG

車高出すためにホイールの組み込みに入ります。
先ずは洗浄し乾燥を待ちます。

R0014120.JPG

ハンダ作業に入りたいので、対象パーツを洗浄します。

ペースが落ち始めているので年末と年明けにには挽回したいです。

タイミングよく良い本が発売されました。これで資料探しの手間が省けます。

mp47.jpg


アンダートレーを分割し、ボディに接着です。

R0014115.JPG

R0014116.JPG

先ずはボディの整形からです。
アンダートレイにあるプレートを削りました。この当時のキットは結構厚く、粗目の鉄ヤスリでゴリゴリと...

R0014114.JPG

続けて、ボディの整形に。
バリを取り、ヒケをなくす程度に粗目のヤスリで平面にしました。

R0014118.JPG

プライベートも落ち着いてきたので、久々に作ってみようかなーと。
来年、マクラーレン・ホンダが復活するので、43のマクラーレン MP4/7を製作してみます。

来年の開幕までに完成できればうれしいです。

mp47.jpg

Search daily series3

Partner

Category

 

Partner

Archives